イラスト・画像を綺麗に送るには?

ノウハウ,効果・反応


イラスト・画像を綺麗に送るには?



faxdm-mono


こんにちは、ネクスウェイ青木です。

FAXは白黒の構成ですので、もともと「イラストや画像」よりも、

文字の方が相性がいい媒体です。


しかしどうしても「イラストや画像」を送りたいことありますよね。

そんな時はどうしたらいいでしょうか?


・・・「ファインモード!」


そうですね、FAXDMを実施されている方であれば、「ノーマルモード」「ファインモード」はご存知で、
原稿によって使い分けられているかもしれません。


  ※ノーマル・ファインモードとは?

    FAXを送るときに選択できる画質のことです。

    文字通り、ノーマル=通常画質と、ファイン=より良い画質、ということです。


「きれいに送りたいなら、ファインモードでしょう」   ・・・そうです。


ですが、ファインモードは確かにきれいに映りますが、

実はノーマルに比べてデータ量が大きくなるという理由から、

受け手のFAX機を占有する時間が長かったり、送達率が下がりやすいという懸念もあります。


そこで。

実はデータ量は増やさずに、かすれにくく送れる方法もあるんです。

それは、イラストや画像を、FAXDMにあわせてちょっと加工してあげるのです。


「グレーをなくした白黒の線イラストにする」

「画像の明るさやコントラスト調整を行い、白黒ハッキリさせる」


ことなんですね。
これだけで、かなり変わります。

かすれにくく綺麗にうつるようになるんです。


受け手も受け取りやすく、そして綺麗な原稿でFAXしたいですね♪


ちなみに、ノーマル・ファインモードそれぞれの活用割合は、


  ファイン 約60%    ノーマル 約40%


ノーマルモードもかなり活用されていますヨ☆

 (FAXDM調査レポートより


お気軽にご相談ください

相談したい・料金を知りたい方はこちら
まずは資料を読みたい方はこちら