心のハードルを下げて接点を獲得する!

心のハードルを下げて接点を獲得する!


tegaki



こんにちは、青木です。
今日は「相手の心のハードルを下げて、接点をつくりましょう」
というお話です。


先日、我が家にとある新聞の勧誘のお兄さんが訪ねてきました。


新聞の勧誘、受けたことのある方もいらっしゃると思いますが、

結構グイグイ勧誘していただくこともあり、ちょっと気が重いな、
なんて方もいるのでは。


先日のお兄さんはちょっと違いました。

==

「ピンポーン」


私:「はい」


お兄さん:

「こんにちは、○○新聞です。新聞の勧誘ではないんですが、

このあたりのお宅1軒1軒回らせていただいてご挨拶と粗品をおくばりしています。

勧誘営業というわけではなく、粗品だけお渡しさせていただけませんか?

==


とのこと。


もちろん、勧誘目的という最終ゴールはすぐわかりますが笑、

「粗品」、また「まあ、挨拶だけならすぐ終わりそうだし」ということで玄関口にでることにしました。


 ※ちなみに私は別の新聞会社の「電子版」を取っているので、紙の新聞は必要ありませんでした。


玄関口にでると、粗品をいただき挨拶されたのち


 「ちなみに、新聞って撮っていらっしゃいますか?」

 「期間限定のプランなどもあるんですが・・・」  等々

 

普通の勧誘トークとほぼ、同じです。いろいろ現状もお話ししました。



きっと最初に「○○新聞のご案内で.・・・」と聞いていたらきっとドアを開けもしなかったか

もしれません。

新聞屋さんからすれば、「新聞を取っているか、とっていないか」 「どの程度興味がありそうなのか」等も
分かることなく、「なんとなくNGお宅」としてDB化されていたことでしょう。

 (状況わからないけど、うーんなんとなくNGリスト、貴社にも眠っていませんか?)


「そこまでじゃないし」「ちょっとめんどくさい」「営業が苦手」

こう感じていらっしゃるお客様は多いはず。


相手の心のハードルを下げて、まずは接点を作ること。

ここからお客様の情報を聞き出したり、未来の営業につなげたいですね。


お気軽にご相談ください

相談したい・料金を知りたい方はこちら
まずは資料を読みたい方はこちら