原稿に、あと何を書けばよいのか迷ったら・・・

原稿に、あと何を書けばよいのか迷ったら・・・


faxdm


こんにちは、青木です。

最近ぐっと温かく(というか暑く)なってきましたね。

外気温と室内の温度差に体がついていけなさそうです・・・笑。


さて、今日は原稿の内容についてです。


原稿制作をする際、


 「最低限書くべきことは書いたつもりだけど、この内容でいいんだろうか?」

 「もう少し情報を追加した方がいい気もするが、何を書けばいいのか分からない」


このように感じたことがある方は、少なくないはずです。



私も、お客様へのFAXDM原稿アドバイスを数百ほど行っていますが、

意外に皆様が抜けがちなポイントが、「読み手の不安を払しょくする」というポイントです。


FAXDMを作成する送り手の皆様は、


 ・自分の会社の信頼性

 ・自社の商品やサービスの信頼性

 ・自社のウリや競合より勝っている点


上記を熟知していらっしゃいます。


しかし、読み手の方々にとっては、


 「はじめて連絡が来た会社」

 「はじめて案内を受けた商品」


というケースがほとんどで、

「案内に対しての信頼感」を持っていない状態なのです。


つまり、読み手の方々はまだ「貴社のコトバ」に耳を傾けてはいません



送り手の皆様としては、あたりまえに熟知しているが故に、

「あえて、読み手に伝える」事を忘れてしまうことがあるのですが、


読み手の方に、情報の信頼性を感じていただくため、

安心してご案内を見ていただくために、読み手の不安を払しょくし、

信頼してもらうためのコンテンツは欠かせません。


具体的にどのような内容が効果的か、というと


 ・会社の実績/概要

 ・商品の実績

 ・お客様の声/事例

 ・リサーチデータ


などなど。


これらの情報、載せていましたでしょうか?


効果的な見せ方・載せる場所 等々はご相談可能ですので、お気軽にお声掛けください。

読み手の信頼につながりうるだけの情報をきちんと載せて、効果の良いFAXDM施策にしましょうね!


お気軽にご相談ください

相談したい・料金を知りたい方はこちら
まずは資料を読みたい方はこちら