イラスト・画像を綺麗に送るには?Part.2 [実事例あり]

イラスト・画像を綺麗に送るには?Part.2 [実事例あり]


こんにちは!青木です。


今回は、ちょっと細かいテクニック寄りのお話しを。


以前、「イラスト・画像を綺麗に送るには?」という記事をご紹介しました。

(http://www.nexway.co.jp/faxdm/blog/blog18.html

イラストや画像を綺麗に送るには、つい「ファインモード」を使う、と簡単に考えがちですが、

それでは不十分です。

なぜなら、イラスト・画像によっては、通信に負担をかけるような
「重たい」データとなる場合があるからです。

※特に、元がカラー写真、白黒以外にグレーが含まれる画像・写真は要注意!


重たいデータの場合、通信負荷がかかり、送達率の減少や、
受信者側のFAX機を長時間占有するなどのリスクにつながる場合があります。


ということで、イラストや画像も、あらかじめ「軽く」通信負荷の少ないモノに変更すると、
リスクも減り、

さらに、「ハッキリキレイに!」FAX送信できるのです。

実際に見てみましょう。

こちらは、元画像です。



元画像をそのままFAX送信すると、
こうなります。



全体的にかすれた印象になりますね。
人の顔にいたっては、ほぼ、見えません。

残念ですが、まだこういうかすれたFAXも、見かけますよね。


さて、次は元画像を白黒にしてみます。

※パワーポイントやワードの、「図の書式設定」から「色の変更」を白黒にすると、3秒で変えられます。



この修正後の画像をFAX送信すると・・



先ほどの、「元画像をそのままFAXした」ものと比べてみると・・



一目瞭然、画像を修正し、白黒化したものをFAX送信した方が圧倒的にハッキリ、
キレイに映っていますね。

さらに、さきほど「重たい原稿はリスク」と伝えしましたが、データ容量も1/5以下になるのです。

詳しい手順もご案内可能ですので、ぜひ試してみたい方はご連絡ください!

あわせて読みたい:イラスト・画像を綺麗に送るには? >


お気軽にご相談ください

相談したい・料金を知りたい方はこちら
まずは資料を読みたい方はこちら