コロナ禍における B2Bリード獲得のためのFAXDM

コロナ禍における B2Bリード獲得のためのFAXDM


このコロナ禍で、B2B営業でのリード獲得が難しくなってきているといわれています。

従来のテレアポイントも、このリモートワークでアポイントが取りにくくなってきています。今回は、そんなコロナ禍でも効率的にリード獲得ができる手法についてお話します。


目次[非表示]

  1. 新型コロナでのリード獲得減少について
  2. テレワークによるリード獲得手法
  3. リード獲得に有効なFAXDM


新型コロナでのリード獲得減少について


新型コロナウイルスの影響は、国内では2020年からはじまり、4月7日には日本国内ではじめて大阪府を含む7都府県に、緊急事態宣言が発令されました。各企業もはじめての事態で、対応に追われたのは記憶に新しいと思います。


そんな中、多くの企業で導入された「リモートワーク」。出社することはもちろん、企業間の訪問も激減し、新規営業の手法が大きく変わったタイミングです。

ウェブ会議ツールでの商談がメインとなり、対面コミュニケーションが減ったことが影響してか、リード獲得から顧客化までの期間も長くなってきているといわれています。


そして1回目の緊急事態宣言が明けてからも、大きく営業活動にプラスになることはなく

引き続きリモートワークを継続する企業も増えリードました。リード獲得が減少した企業は多いのではないでしょうか。



テレワークによるリード獲得手法


コロナ禍までは、リード獲得として、反響媒体の活用や、企業によってはテレアポイントや飛び込み営業など、様々なリード獲得手法がありました。


しかしながら、このご時世での飛び込み営業などは企業によっては迷惑行為として取られてしまうかもしれません。

また、リモートワークの移行により、テレアポイントも実際に担当者の方に繋がる事が少なくなり、各企業のリード獲得手法が変わってきているといわれています。


このテレワークの移行に伴い、注目された手法としてはウェブを使ったセミナー、いわゆるウェビナーなどのオンラインでの集客手法などがあります。


様々な企業でWEB広告やダイレクトメールを用いて、ウェビナーやイベントへの集客営業を行っている、とはいえ、なかなか人が集まらないという声もしばしば…。

具体的な戦略がなければ、ターゲットをただただ広く設定し、無駄なコストをかけている可能性が高いです。


リード獲得から案件化するまでの期間が長い今、直接決裁者にアプローチしたい、という方も多いのではないでしょうか?


●    ターゲットリスト

●    担当者名(可能であれば決裁者)

●    ターゲットリストの決済月(検討タイミング)

等が分かれば、交渉したい相手へ、最適なタイミングで営業することができるのではないでしょうか。


ネクスウェイでは、安価で利用できる法人リストのお問い合わせも受け付けております。



リード獲得に有効なFAXDM


このコロナ禍でもFAXDMという手法は、「安価」に届けたいターゲットへFAXを届ける事が可能です。


封筒やハガキ、カタログなどを郵送で送る手法とは異なり、FAXを使用して送るDMの為、送料や紙代などのコストを削減してもなお、ターゲットに情報を届ける事ができるのです。


おおよそ、他のダイレクトメールは通常100円/1通前後かかるといわれていますがFAXDMでは通数にもよりますが5円前後と、約1/20のコストで発送できるのです。


また、FAXで送るダイレクトメールの為、開封率はいわば100%。見てもらえる確率が非常に高いといわれています。特に中小規模以下の企業や店舗をターゲットとする場合は責任者クラスに見てもらえる確率が高まります。ターゲットをしっかり定めていれば、反響件数が見込めます。


はじめて利用するという方も、ネクスウェイではしっかりとサポート体制を整えているので、安心してご利用いただけます。


まずは気になる方は一度お問い合わせください。


***


約390万件の法人リストから、貴社に見合ったターゲットを選定!

業界シェアNo.1だからこその安心感。このコロナ禍でのマーケティングを一緒に乗り越えましょう。


お気軽にご相談ください

相談したい・料金を知りたい方はこちら
まずは資料を読みたい方はこちら