FAXDMを用いた営業代行サービスとは?

FAXDMを用いた営業代行サービスとは?


FAXDMによる営業は、現在も有効です。自社で実施するのが困難な場合は、アウトソーシングも検討しましょう。こちらでは、FAXDMを用いた営業代行サービスについてご案内します。


目次[非表示]

  1. FAXDMによる営業代行
    1. 営業代行とは
    2. FAXDMによる営業
  2. 最初はFAXDM営業代行を利用するのが安心?
  3. 自社に合ったFAXDM営業代行業者の見つけ方


FAXDMによる営業代行


FAXDMによる営業は、専門の事業者にアウトソーシングすることもできます。以下では、営業代行のサービスやFAXDMについてお伝えします。



営業代行とは


営業代行とはその名のとおり、営業そのものを代行してくれるサービスです。

営業は、スタッフの育成、消費されるリソースの大きさなどから、企業にとって負担が大きい業務です。さらに、結果が担当者のスキルや手法に依存しており、実施しても十分な効果が得られるとは限りません。

営業代行を利用すると、まず営業による社内の負担を回避できます。また、専門的なノウハウや営業に特化したスタッフが揃っているため、確実な効果が期待できます。また、広いネットワークにより、自社では届かなかった企業にアプローチできます。



FAXDMによる営業


ダイレクトメール(DM)は営業手法のひとつです。商材を案内する紙やはがきを届け、顧客の反応を期待します。企業側から能動的にアプローチできるため新規顧客開拓に有効な営業手法ですが、受け取ってもらっても内容を見てもらえない可能性や人件費の問題から、慎重に実施しなければなりません。

FAXDMは、DMをFAXによって配信する手法です。郵送とは異なり人の労力がかからないため、コストを抑えられます。そのため、DMでは難しい大規模配信を実現可能です。

現在も多くのオフィスにはFAX機が設置されており、FAXDMは新たな顧客にリーチする手法として活用できます。FAXDMの一般的な反応率は0.03~0.1%であり、10,000件程度の送信で、数件の反応が見込まれます。また、複数回実施して、その都度結果を分析し、PDCAサイクルを回していくのが重要です。

このFAXDMの営業代行を行っている事業者もあります。



最初はFAXDM営業代行を利用するのが安心?



FAXDMは原稿と送信リストがあれば、すぐに取り掛かることができる営業手法です。反面、原稿と送信リストのクオリティは、結果に大きな影響を与えます。

原稿は商材の魅力を伝えるために重要なファクターですが、一見して宣伝色の強い内容は敬遠されます。FAXDMだけでダイレクトに成約することは困難なため、まずは、ホームページへの誘導、資料請求などの反応を期待することになります。情報量が多い原稿は、インク消費の点からも好ましくありません。

送信リストは、商材への反応が期待できる企業のみで構成が必要です。また、FAXDMの大量配信が可能な点を生かすためには、十分な数の企業情報を揃えてリストを構成することも重要になります。一般的な企業にとって、こうしたリストの質と数を両立することは困難です。

また、FAXDMにおいて問題になりやすいのがクレームです。すべての顧客がFAXDMを好意的に受け取るわけではありません。必要のない商材の案内に自社の紙をインクが消費されることから、クレームの電話がかかってくることもあります。こうしたクレームに対処する体制も必要です。

こうした理由から、FAXDM営業代行業者の利用をおすすめします。

多くのFAXDM営業代行業者は、配信リストのレンタルサービスを行っています。FAXDMの1回あたりの送信に必要な企業情報が最初から揃っているため、そのまま利用可能です。幅広い業界の企業情報が揃っているほか、定期的にリストの見直しを行っているため、信頼できます。

また、原稿作成に関してもノウハウを有しているため、安定した反応率が期待できるでしょう。商材や、目的に合わせたテンプレートを用意してくれる事業者もあります。自社で作成した原稿を持ち込み、添削サービスを受けることも可能です。

FAXDMには、その他にも配信タイミング、配信後の分析方法など、さまざまなノウハウがあります。FAXDM営業代行を利用すると、そうしたノウハウに関してまとめて相談することが可能です。



自社に合ったFAXDM営業代行業者の見つけ方


自社に合ったFAXDM営業代行業者の見つけ方



近年は、多くのFAXDM営業代行業者がサービスを展開しています。まずは、気軽に資料請求してみましょう。各社がどのようなサービスを行っているのか、料金設定などに注目して比較してください。また、FAXDMは複数回実施するため、営業代行業者とも、ある程度の期間やり取りをすることになります。信頼できる業者を見つけるために、メールや電話での対応にも注目しましょう。

***

FAXDMを用いた営業代行サービスについてご紹介しました。FAXDMはコストの低さや開封率の高さから、現在でも有効な営業手法です。しかし、自社だけで実施しようとすると多くの場合、失敗に終わります。効果を期待する場合は、FAX営業代行業者に依頼するのが安心です。実施しているサービスや料金、信頼性に注目して、長く付き合えるFAXDM営業代行業者を見つけましょう。





お気軽にご相談ください

相談したい・料金を知りたい方はこちら
まずは資料を読みたい方はこちら