確実に刺さるキャッチコピーの考え方 その4


確実に刺さるキャッチコピーの考え方 その4


faxdmrib


みなさん、こんにちは!ネクスウェイ石塚です。


いよいよ、キャッチコピー編のラスト、

第4弾です!


4つ目は、

『盗みに盗む』

と、いうことです。


え~~~、

という声が聞こえてきそうですが。笑


今までにお伝えしたポイントも踏まえて、

キャッチコピー作りはとにかく

引き出しをたくさん持つことが大事です!


町中にはプロの方が考えたキャッチコピーが

散らばっているので、アンテナを張って

色々見てみて、良いものはどんどん自分でアレンジして

使ってみましょう。


また、アンテナを張る上で

とくに、私がおすすめなのは

「本屋さん」です。


平積みならまだよいですが、

縦置きで並べられてしまえば、

「タイトル」だけで手に取ってもらえるか

どうか判断されてしまいます。


そのため、本のタイトルは

かなり工夫されたものが多いです。


私自身も、本屋さんに行って、ただタイトルだけを眺めていることがあります。笑

ビジネス書や自己啓発本のコーナーなんかは特に、

面白いタイトルのものが多いですよ。



アンテナを張って街中を眺めてみると、

新たな発見がきっとあるはずです。


それこそ、今すぐにも実践できるので、

ぜひぜひ気にかけてみてくださいね!


お気軽にご相談ください

相談したい・料金を知りたい方はこちら
まずは資料を読みたい方はこちら