“ちょっとした” 思いやりの大切さ

“ちょっとした” 思いやりの大切さ


tegaki


こんにちは。


最近春を感じる日が多くとても嬉しい岡本です。

…とはいえ、この季節といえば「花粉」!


このブログを読んでくださっている皆さまは大丈夫でしょうか?

私はかれこれ10年くらい花粉症と付き合っていますが

今年は例年より飛散量が多いように感じます…


誰もが発症する可能性があるので、皆さま風邪と合わせて

是非予防をすることをおすすめします!



さて、今日は“ちょっとした” 思いやりというテーマです。


というのも、

原稿をつくる際、FAXDMを実際に配信する際に

皆さまは何を考えながら書いていらっしゃいますでしょうか。


「この原稿を読んで欲しい」

「どうにかして反響を出したい」


色々な思いをもってFAXDM紙面を作っている、送っていらっしゃるかと思います。



ただ、そこに “ちょっとした” 思いやり を付け足してあげてみてください。


◆配信時間

→繁忙時間を避ける。業務時間外には送らない。


◆原稿内容

→主語を受け手目線にする。誰が読んでも分かる表現にする。



たったこれだけでも、受け手にとってストレスのないFAXDMに変わるのです。



「今何をしている時間だろう?忙しい時間だろうか?」

「この表現で分かるだろうか?きちんと伝わるだろうか?」



今一度受け手の方々を想像をして

“ちょっとした” 思いやりを実践してみてくださいね^^


お気軽にご相談ください

相談したい・料金を知りたい方はこちら
まずは資料を読みたい方はこちら