FAXDMとはFAXを使ったダイレクトメールである

費用対効果の高いFAXDMとは




FAXDMとは小規模の法人向けに商品やサービスを案内することができるものです。FAXを使うことで一般的なハガキや封筒、カタログなどを郵送で送る。ダイレクトメールとは違い、通信で送ることができるので紙代や印刷代、送料などを抑えて効率的にダイレクトメールを送ることが出来ます。



FAXを使ったダイレクトメールのメリットとデメリット


 FAXDMとはFAXを使用して送ることができるダイレクトメールでありとても便利なものでメリットは多くあります。まず一番に挙げることができるメリットとしては開封率を気にする必要がないことです。
一般的にはFAXを使ったダイレクトメールの開封率は100%と言われており、封筒を使ったダイレクトメールの様に送り主を見て開けずに捨てられるということがほとんどないからです。

FAXは企業の業務の中で受注業務や情報発信、本店や支店などの間で情報共有をするために使用されることがほとんどで、FAXが届くと企業の担当者の誰が必ずその内容を確認することになるので読まずに捨てられることはなく、捨てるためにも必ず確認をしてから判断しています。

次に挙げられるメリットとしてはダイレクトメールを送るコストが他のダイレクトメールと比べると安くなる点です。ポストに届くハガキや封筒などを使った一般的なダイレクトメールの場合はデザインや印刷、宛名作り、宛名貼り、封入、発送などの作業、送料などが発生し、1通あたり100円程度のコストがかかります。

これに対してFAXを使ったダイレクトメールであればFAXの原稿作成、リスト、配信の手続きだけで済むので原稿は白黒のA4サイズが一枚、リストは一般に公開されている企業のFAX番号、そして通信費だけで済むので1通あたり5円から10円程度のコストで送ることが可能です。この他にはFAXでのダイレクトメールであればデザインの作成や印刷、宛名の作成や貼り付けなどに時間を取られることなく、短時間でアプローチをすることができる点などがあります。


FAXサービス詳細を見る >



FAXDMのデメリットと解決策




 FAXを使用するダイレクトメールの場合、開封率が100%、ダイレクトメールを送るためのコストが他のダイレクトメールと比べると安く済むなど、多くのメリットがあります。ですがもちろんデメリットもごくわずかですが存在し、使用するのであればデメリットをよく理解して対策を知っておく必要があります。

 FAXを使ったダイレクトメールのデメリットとして挙げられるのはまず一つ目にクレームに繋がる可能性があることです。一般に公開されている法人に対してFAXでアプローチをすることから個人情報保護の観点から問題などはないのですが、送る側が紙や印刷などにコストをかけないでよい分、相手側に紙やトナーなどを使用させることになります。これによってクレームが発生することがあり、クレーム対策をしっかりと行ってからFAXによるダイレクトメールを活用しなければなりません。

たとえば原稿を作成する際には今後のFAX案内に関し停止のチェック欄を作る深夜などの時間帯に送らない様にする、個人宅や個人事業主の番号がリスト内に入っていないか十分に注意する以前クレームになってしまった企業などがリストに入っていないか十分にチェックするなどです。


 二つ目のデメリットとしてはFAXの場合原稿のビジュアルはすべて白黒になることを理解しておかなければなりません。またA4の用紙1枚に伝えるべきことを書くという点では情報量を多く伝えられないと感じることもあります。A4サイズではなくB4サイズに用紙を変更したり、ホームページや封書によるダイレクトメールと連携してより多くの情報を伝えることができる様になります。


FAXDMのお役立ち資料請求 >


一覧に戻る >

​​​​​​​

お気軽にご相談ください

相談したい・料金を知りたい方はこちら
まずは資料を読みたい方はこちら