FAXDM業者の比較のポイント、人気の業者とは?

ノウハウがないと高い宣伝効果が見込めない 



 FAXDMを利用してより効果的なマーケティング活動を行うには、魅力的なDMの作成、送信先の選定などさまざまなことをこなす必要があります。そこでぜひ活用したいのがFAXDMサービスの専門業者です。国内にはFAXDMサービスを提供している業者がたくさんありますが、ここでは特におすすめのFAXDM業者と弊社のFAXDMサービスを紹介します。弊社を含めFAXDMを利用するうえで検討にあがる3社をご紹介します。それぞれの特徴を解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。


FAXサービス詳細を見る >



1通当たり3円から送信できるA社


 1通あたり3円~という低料金で送信できるのが強みのFAXDM業者です。送信設定を行ってから相手先に届くまでの時間も速く、最短10分でFAXDMを送ることが可能。1万件の送信でも平均1時間以内で送信完了できるので、今すぐ届けたい宣伝や告知に便利です。宛先に関しては自分で保有しているリストの他に、無料の宛先リスト約500万件も利用OK。地域は○町○丁目まで、業種は約7,000種類まで絞り込んで配信できるので、無駄なく効率的なマーケティング活動を行うことができます。

 年間3,800円で使い放題の事業所リスト収集サービスを利用すれば、FAX番号がない事業所宛にテレアポや郵送DMを送ることもできるので、穴場の事業所にもアピールしたいという企業におすすめです。また、今後送信しないFAX番号を登録できる「停止管理機能」や、他の会員とクレーム先の情報を共有する「クレーム先共有」などの機能を標準搭載。FAXDMにありがちなクレーム対応もばっちりなので、安心して利用できます。



初期費用・月額費用が不要のB社



 初心者でもわかりやすいシンプルな料金体系を導入したFAXDM業者です。

 初期費用や月額費用は不要で、支払いはリスト件数×送信単価×原稿ページから算出されるFAXの送信費用のみ。システム利用料などのわかりにくい料金は発生しないので、予算内でFAXDMを利用することが可能です。もしFAXが届かなかった場合、不着分の料金は次回以降に繰り越して使えるポイントとしてバックされるので、無駄なく経済的なマーケティング活動を行えます。

 リストは持込のほか、600万件記載されたリストを無料で利用可能。リストは3ヶ月ごとに定期更新しているので、不着が少なく、効率的な営業をかけられるところも大きなメリットとなっています。リストは持込のほか、600万件記載されたリストを無料で利用可能。リストは3ヶ月ごとに定期更新しているので、不着が少なく、効率的な営業をかけられるところも大きなメリットとなっています。もちろんサービスは24時間利用可能。会員登録からFAX送信、支払いまですべてオンラインで完結するから、時間や曜日を問わずに活用できます



ネクスウェイ


では弊社は上記2社と比較してどのような特徴があるかといいますと・・・
株式会社ネクスウェイは「安い」「早い」「簡単」をモットーに、約30年にわたってサービスを提供し続けている実績豊富なFAXDM業者です。これまでの契約数は27,000件を突破しており、一斉同報型FAXマーケットシェアではNo.1の座を獲得

 人気の理由は自社開発のインフラシステムを保有していることと、FAXDMの効果をアップさせるためのノウハウを積極的に提案しているところです。自社システムなので、サーバー移設やBCP対策、セキュリティなどにも惜しみなく注力しており、スムーズかつ安全なFAXDM配信を実現しています。

 一方で、FAXDMを初めて利用するという企業のためにテンプレートや赤入れ添削、原稿提案といったサービスを無料で提供するなど手厚いサポートを実施。わからないことや疑問な点があれば、契約者向けの24時間365日電話サポートにて親切・ていねいに対応してもらえるので、初めてFAXDMを利自社の予算やニーズに合ったFAXDM業者を選ぼう用する場合でも安心です。それでいて初期利用料&月額利用料は0円、大量配信や継続利用で割り引きが適用されるなど、業界屈指のリーズナブル料金を採り入れているところを高く評価していただいております。


今回紹介したFAXDM業者は初めてサービスを利用する企業でも安心して依頼できるところばかりです。

サポートも充実していますし、料金もリーズナブルなので、「一度FAXDMの効果を試してみたい」という企業にもおすすめですよ。ただ、それぞれ特徴やサービス内容、料金体系が異なるので、自社の予算やニーズに合ったFAXDM業者を選ぶようにしましょう。


FAXDMのお役立ち資料請求 >


一覧に戻る >



お気軽にご相談ください

相談したい・料金を知りたい方はこちら
まずは資料を読みたい方はこちら