洗練された原稿にするために!オススメフォント(Windowsユーザ向け)

洗練された原稿にするために!オススメフォント(Windowsユーザ向け)


以前のブログでフォントを上手く使い分けることにより

原稿が与えるイメージを変えられる、というお話をしましたが、

今回はさらに具体的なフォント使いのお話をしたいと思います。


ゴシック体で原稿を組んでいただく場合、

通常であればWindows標準のMSPゴシックで

作成いただくことは多いかと思いますが、

なんとなく野暮ったいというか、

手作り感が抜けない・・と感じたことはありませんでしょうか。

たとえば、こんな感じ。


faxdm


うーーん。

洗練されたイメージにするために

デザインにお金をかけたり、フォントを購入したりしなければならないのか?


いえいえ!ご安心を。

Windowsに標準で搭載されているフォントだけでも

しっかり洗練された印象のある原稿を作ることが出来るのです。


たとえば、こんな感じ。




少しいじるだけで、かなり印象は変わりますよね?


ちなみに、使用しているフォントは下記です。




日本語の強調部分はHGP創英角ゴシックなどの

太字のゴシック体や、

数字やアルファベットは、是非、欧文フォントも使ってみてください。

個人的におすすめなのがこのあたりの顔ぶれです。




ひと手間、ではありますが、原稿に信頼感や丁寧さが

ぐっと出てきますので、ぜひお試しください!


お気軽にご相談ください

相談したい・料金を知りたい方はこちら
まずは資料を読みたい方はこちら